Avira のストーリー

Avira はデバイスを問わず、直接的に、そして OEM パートナーシップを通じて皆さんを守ります。Avira は、ウイルス対策から VPN やクリーンアップ テクノロジーまで、保護、性能、オンライン プライバシーを強化する幅広い最高レベルのソリューションを提供しています。

スクロールして詳細を表示

Avira の実績

30

30 年にわたるセキュリティの経験

3,000

毎月 3,000 万件の脅威を検出

500

約 500 人の従業員

約 1 億人のお客様

Avira は、1 億人のユーザーのオンラインの安全性を高めました

Avira は明確なビジョンを持つ企業です。Avira は、高品質で市場をリードするセキュリティ製品をあらゆる人々に無料で提供するフリーミアム ソフトウェア ビジネス モデルの独創的な先駆者です。その理由は、 Avira が、安全にセキュリティが保護された非公開の状態でオンライン活動を楽しむ権利が誰にでもあると確信しているからです。30 年以上にわたり、当社はこのモデルを採用して受賞歴のあるテクノロジーを 1 億人を超えるお客様に提供してきました。

世界中のデジタル セキュリティの中心に Avira がいます

当社はお客様にソリューションを提供しているだけではありません。当社のビジネスの OEM の側面でも、当社の受賞歴のあるテクノロジーを開発者や企業と共有しています。Avira のツール、キット、サービスによって、世界中のビジネスの中心に高度なセキュリティ基準が、より簡単かつ迅速に展開されています。Avira では、SDK、API、マルウェア対策のテクノロジー、脅威インテリジェンスをスペシャリストの統合チームやエキスパートの 24 時間サポートによって支援しています。

Avira の道のり

当社の道のりの特徴は、変動の大きい業界における力強い成長です。Avira は、自由なオンライン行動を提供するというビジョンを原動力として、強力なセキュリティを複数のデバイスにお届けしています。フリーミアム ビジネス モデルの先駆者として、当社は、世界中の数百万のユーザーのデジタル生活を保護する、従業員500人規模の多国籍企業に成長しました。

Avira の歴史

Avira はボーデン湖畔で創業し、現在もこの場所に本社があります。ボーデン湖は周囲の国々に属していますが、湖自体は欧州でも国境の存在しない唯一の場所となっています。これは、世界で最も成功している「フリーミアム」ソフトウェア ビジネスモデルの先駆者である Avira に相応しい背景です。Avira が 30 年間にわたり IT セキュリティ業界で成功を収めきた一因である「国境なき思考」の成果と言えるでしょう。

1986
1988
1990
1991
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018

電気技師である Tjark Auerbach ( 1957 年生まれ) とパートナーが IT 企業 H+BEDV Datentechnik をボーデン湖 (ドイツのテットナンク) 近くに設立。「H」と「B」は 2 人の妻のファースト ネームのイニシャルであった。

    H+BEDV は保護プログラムとして、すでに驚異的なスピードで広がっていた初期の危険なコンピュータ ウイルス (Cascade や Jerusalem など) に対処するための最初のウイルス対策プログラム AntiVir を発表する。AntiVir では、MS DOS システムの保護と感染の修復を行うことが可能だった。法人向けのセキュリティ ソリューションも同時に発表される。

      経営陣が法人格を取得し、H+BEDV Datentechnik は従業員わずか 6 名のドイツ「GmbH (有限会社)」となる。

        DOS システムの感染が拡大し続けたため、AntiVir では新たな脅威に対処するために機能向上を継続的に行う。拡大する脅威に対処する IT セキュリティの専門家を支援するため、European Institute for Anti-Virus Research (EICAR:欧州ウイルス対策研究機関) が創設される。

          AntiVir が特殊な検索ルーチンと QCDRV デバイス ドライバで動作するウイルス スキャナである AVScan に統合される。このプログラムは、複数の著名な業界誌で最高点を獲得した。

            AntiVir が特殊な検索ルーチンと QCDRV デバイス ドライバで動作するウイルス スキャナである AVScan に統合される。このプログラムは、複数の著名な業界誌で最高点を獲得した。

              複数のバージョンのソフトウェアを発表:Windows 95/NT 用 AntiVir (Workstation および Server)、Linux 用 AntiVir (Workstation および Server、無料) および OS/2 用 AntiVir。

                ブート セクタ ウイルスの拡散を阻止するため、常駐メモリの少ない DOS ウイルス対策プログラムとして、AntiVir FDBlock を発表。

                  Avira は、さまざまなチェックサム アルゴリズムによる整合性のモニタリング、自動更新ウィザード、隔離ディレクトリ、アーカイブの解凍レベルを定義する機能、電子メールによるアラートの送信、ブートおよびマスタ ブート セクタのネガティブな分類、マクロ ウイルスのヒューリスティック検出を含む、非常に先進的なソフトウェアの機能向上を実施。

                    Windows 98 用 AntiVir を発表。キャンパス ライセンスを設定:学校、大学、その他の教育機関が AntiVir を優待価格で入手可能となる – 「AntiVir for the computer room(コンピュータ室に AntiVir を)」キャンペーン。

                      個人の非営利使用向けに、パーソナル エディションの無料ダウンロードを提供し、「フリーミアム」ビジネス モデルの先駆者となる。同社は Linux 対応の最初のウイルス対策ソフトウェアであるAV Guard、およびコンポーネントとして SAVAPI(Secure AntiVirus Application Programming Interface)を世界に向けて初めて展開。SAVAPI によって、サードパーティー メーカーは自社製品にウイルス対策機能を内蔵できるようになった。SAVAPI を最初に使用した事例は Watchdog や MIMEsweeper である。

                        Windows ME 用 AntiVir を発表。また、電子メール保護のために、Linux 用の MailGate が製品ファミリーに追加される。この時点で、すべての利用者がウイルスから保護されるようになったため、これは非常に重要なステップであった。「CHIP」というダウンロード ポータルだけでも毎日 2,000 回以上ダウンロードされる。ユーザー フレンドリーな「Campaign against Viruses (ウイルス対策キャンペーン)」がいかに熱心に行われたかを物語っている。

                          Windows XP の発売と同時に Windows XP 用のウイルス対策を発表。スピードと顧客志向を重視する重要なマイルストーンとなる。OpenBSD/FreeBSD 用の AntiVir を発表。

                            AntiVir Rescue System が、外部の OS を使用せずに起動してウイルスによる感染のスキャンを行うことができるレスキュー ツールを提供。パートナーと協力して、DSL ネットワーク ソフトウェア用のウイルス対策 (AntiVir for AVM KEN!) を開発。H + BEDV は、H + Unix における標準規格の開発において、いまでも世界中に影響を及ぼし続けている。新たに開発されたデータ アクセス制御モジュールである Dazuko は、開始時、終了時、実行時にリアルタイムでファイルのスキャンを実行。AntiVir は ICSA Labs など数多くの情報ソースから認定を取得し、AntiVir オンライン ショップを開始する。

                              Check Point FireWall-1 用の F-1 スキャナを開発し、Content Filter モジュールを初めて AntiVir Wall と統合する。当初は Linux、FreeBSD、OpenBSD 用のプロキシ サーバー保護である AntiVir WebGate、AntiVir Milter for Sendmail、AntiVir Lotus Notes/Domino、AntiVir ISA Server、AntiVir Exchange for Servers 2000/2003 が発売された。SuSE、Red Hat、Group Technologies、Clearswift (AntiVir MAILsweeper、AntiVir WEBsweeper)、Pyramid Computers、Central Command とのパートナーシップが成立。

                                ルーマニアのブカレストに大規模な支社を設立する。インターネット ダイヤラからの保護機能を AntiVir に統合し、ユーザーに歓迎される。「Convenience Package」を導入する。これにより顧客はブート可能な CD-ROM (およびメールで更新を入手可能) 、印刷済みのインストール マニュアル、無料サポート、コマンドライン スキャナを入手できるようになった。FreeBSD 用 AntiVir に、アクセス時スキャナが装備される。その他には、Security Management Console、スパム フィルターである AntiVir eXpurgate、Sun Sparc Solaris 用 AntiVir、AntiVir SmallBusiness (初めてのビジネス向け全製品の保護バンドル)、Windows 2000 用 AntiVir が発表される。年間売上高は 800 万ユーロに急増し、従業員は 120 人を超える。

                                  AntiVir バージョン 7 を発表。ユーザーは 1,000 万に到達した。新たな脅威 (フィッシング、ファーミング、アドウェア、スパイウェア、ボットネット、ルートキットなど) に対応するため、セキュリティ製品を強化する。PDA やスマートフォン向けに AntiVir Mobile Security を発表。AntiVir Virus Scan Adapter (SAP ソリューション向け) は、SAP が認定した世界初のウイルス対策ソリューションとなる。営利事業向けにセキュリティ コンサルティングの提供を開始。H+BEDV は多数の VB100 の認定を取得する。また、Microsoft ゴールド パートナーシップレベルを獲得。さらに、ドイツの技術検査協会 (TÜV) から認定されたほか、ドイツ連邦情報セキュリティ局 (BSI) との密接な協力も開始する。

                                    H+BEDV Datentechnik GmbH が、姉妹企業である AntiVir PersonalProducts GmbH を Avira GmbH に経営統合する。各種ソフトウェア製品の名称は AntiVir を維持することになる。Avira GmbH がオーストリアに支社を新設。

                                      Avira はスキャン エンジンの大規模な更新を行い、スキャン速度を 20% 以上向上させる。従業員は 200 名となり、正式に SAP に認定される。また、IT SMIG (IT Security Made in Germany) の創設メンバーとなったほか、Avira Free Antivirus のフランス語バージョンを発表。

                                        Avira はスイス、日本、マレーシアに支社を開設。1 億人のユーザーを達成したことにより、フリーミアム ソフトウェア製品の 10 周年を祝う。従業員は約 300 名となった。

                                          Avira は、北京と香港に支社を新設。さらに、「クラウドでの」マネージド セキュリティ サービスを Avira の製品ラインアップに加えるために CleanPort を買収し、オランダに支社を取得した。新しい Avira ウイルス ラボをクアラルンプールに開設。

                                            Avira は SafeSearch ツールバーと Mac OS X 用のフリーミアム バージョンを発表。従業員は 500 名に達し、新しい本社ビルをドイツのテットナンクに建設する。また、米国のシリコン バレーに支社を開設。さらに、中国の Qihoo と提携する。

                                              Avira は、ソーシャル ネットワークの不適切なコンテンツから保護者が子供たちを保護できるようにするため、Social Shield によるネットワーク保護を買収。さらに Android 用の盗難防止、Avira Answers、Avira Cloud 保護テクノロジーを発表し、中国の Baidu および Tencent と提携を開始する。

                                                共同創業者である Tjark Auerbach が CEO を退任。ただし、Avira の過半数株主として引き続き在籍。Travis Witteveen が、Auerbach の後任として 2013 年の下半期から CEO に就任する。Avira は Android 向けのセキュリティ製品を拡大する。また、iOS 向けのセキュリティと、Online Essentials ソリューションを発表。

                                                  Avira は、Chrome と Firefox に対応する 2 つのブラウザ拡張 Browser Safety と SafeSearch を開発する。また、Avira App Store、ユーザーの電子メールが漏洩していないかどうかをチェックできる Android 用アプリのプレミアム バージョン Identity Safeguard を発表。さらに、ドイツのミュンヘンに支社を開設。

                                                    Aviraのプレミアムセキュリティは、保護、ユーザビリティ、自己防御、修復、およびシステムへの影響が少ない点において業界最高のスコアを獲得。また、OEM パートナーシップを通じてさらに約 1 億人の顧客への保護を拡張する。新しく発売されたソフトウェアには Chromium ベースで極めて安全な Scout ブラウザ(ベータ版)、Avira Vault、および Avira Optimizer が含まれる。Antivirus Security for Android が、新しい AppLock と Privacy Advisor 機能を追加してアップグレードされた。そして、Avira はウイルス対策ソフトウェアに潜在的に不要なアプリ(不要と思われるアプリケーション)の検出機能を追加。さらに正当なソフトウェアにバンドルされている PUA を拡散した幾人かの違反者を裁判にかけ勝訴する。

                                                      Avira は製品ラインアップを大幅に拡大し、大規模な新製品発表の年となる。これらには、マルチデバイスおよびクロス プラットフォームの Phantom VPN および Password Manager などのプライバシーアプリ、ならびに Android 用のスマートな AppLock + が含まれた。最適化テクノロジーでは、Windows 用の Software Updater を発表。同時に Mac 用のプレミアム版 Antivirus によってセキュリティ製品を強化。2016 年は、Avira がデジタル セキュリティに対する革新的なアプローチで世界トップレベルの Windows 用 オールインワン Free Security Suite を発表した年となる。その他のニュースとして、Avira は VPN 製品に月間購読モデルを導入し、企業向けのマネジメント コンソールを提供するため、DriveLock と提携を開始した。

                                                        ウェブサイトの完全リニューアルと製品ラインアップの強化、および OEM 製品の拡大が行われる。個人向けセクションでは、引き続き Avira Prime やプレミアム バージョンの Software Updater などの新製品を発表。Avira Prime ではすべての Avira 製品をあらゆるデバイスで優先的に使用可能。また、Mac 用の Free Security Suite が発表され、iOS 用の Mobile Security アプリもフィッシング対策機能によって強化される。さらに、IoT の分野でも、Avira は独自のソリューションとして SafeThings を発表した。

                                                          プライバシーの問題は引き続き世界中のデジタル ユーザーに影響を及ぼし続けていることから、Avira は革新的な Privacy Pal を発表する。Privacy Pal では、Windows の200 項目を超えるプライバシー設定をユーザーによって簡単に修正可能。Password Manager のプレミアム バージョンでは、ユーザーが自身のアカウントやパスワードが漏洩しているかどうかをすぐに確認できる。また、強度の低いパスワードやパスワードの重複を識別して強化することも可能。各家庭におけるネットワークへの接続の増加に伴い、Home Guard を発表する。ユーザーはホーム ネットワークをマッピングできる一方で、IoT デバイスのセキュリティ弱点を識別して強化することも可能。

                                                            Avira の経営陣

                                                            TRAVIS WITTEVEEN

                                                            CEO

                                                            Travis Witteveen は弊社の最高経営責任者であり、企業の統率、価値の成長、社会的責任の指導を担っています。

                                                            MICHAEL SILBERMANN

                                                            CFO

                                                            Michael Silbermann は弊社の最高財務責任者で、財政、法務、ファシリティ マネジメントを担当しています。

                                                            MATTHIAS OLLIG

                                                            CTO

                                                            Matthias Olligは弊社の最高技術責任者で、製品&サービス、技術とOEMセールスを担当しています。

                                                            採用情報

                                                            Avira は活気に満ちた職場環境と魅力的なキャリア形成の機会を提供しています。

                                                            テットナンク (ドイツ)

                                                            ボーデン湖 (コンスタンツ湖) に位置する都市で、オーストリアとスイスの国境に近接しています。

                                                            サンノゼ (米国)

                                                            オフィスはシリコンバレーの WeWork コワーキング スペースにあり、サンフランシスコに近接しています。

                                                            ブカレスト (ルーマニア)

                                                            ルーマニアの首都の活気に満ちた中心部にある、Avira の 2 番目に大規模な支社です。

                                                             

                                                            ミュンヘン (ドイツ)

                                                            文化と機会が豊富な都市の中心に位置する便利な立地です。ドイツのエンジニアリングの大企業が集まっています。

                                                            ベルリン (ドイツ)

                                                            ポツダム広場の WeWork コワーキングスペースをオフィスとしています。

                                                            業界で多数の賞を受賞したソリューション

                                                             

                                                            保護、性能、修復機能で最優秀賞を受賞

                                                            保護、性能、ユーザビリティで最優秀製品賞を受賞
                                                            実世界の状況における極めて優れた保護
                                                            アンチランサムウェア保護テクノロジーで最優秀賞を受賞
                                                            2018 年の高評価のアンチウイルス保護