Avira は「Bundestrojaner (連邦トロジャン)」を検出しますか?

Avira の創設者および CEO である Tjark Auerbach は、「マルウェアは、あくまでもマルウェアです。弊社では、ユーザーにご安心頂けるように努めています」と話します。

「弊社 Avira では、お客様のコンピュータ システムから悪意のあるソフトウェアを排除するための作業に献身的に取り組んでいます。 多数の従来企業と同様に弊社でも、「Bundestrojaner (連邦トロジャン)」として現在メディアで広く知られているおそらく最新のウイルスを検出しています。 この悪意のあるソフトウェアは、"TR/Gruenfink" (TR/Gruenfink.1 および TR/Gruenfink.2) としてレポートされます。

また、ウィルス対策ソフトウェアのヒューリスティック ベースまたは動作 ベースの追加検出メカニズムは、マルウェアの特性を有するコンポーネントについて、自動ダウンロードおよびすべてのファイルを調査します。 したがって、マルウェアの特性を有する機能がいわゆる「Bundestrojaner (連邦トロジャン)」として実装されている場合、信頼性の高いアンチウイルス スキャナによって事前にレポートされます。 さらに、悪意のあるソフトウェアがこれまで知られていなかった場合でも、ユーザーは警告されます」。

ただし、その目的にかかわらず、すべてのトロイの木馬に対して、最新のウイルス対策プログラムの検出プロセスは同じです。 アプリケーションの分野では、「合法」と「違法」の区別は可能ではありません。「ウイルス」はあくまでもウイルスです」。

影響を受ける製品

  • Avira Professional Security, バージョン 2013 [Windows]
  • Avira Professional Security, バージョン 2013 [Linux]
  • Avira Server Security, バージョン 2013 [Windows]
  • Avira Server Security, バージョン 2013 [Linux]
  • Avira Free Antivirus [Windows]
  • Avira Free Antivirus [Linux]
  • Avira Antivirus Premium 2013 [Windows]
  • Avira Antivirus Suite [Windows]
  • Avira Internet Security 2013 [Windows]
  • Avira Internet Security Suite [Windows]
  • Avira Family Protection Suite [Windows]
  • Avira Ultimate Protection Suite [Windows]
  • 作成日 : 2011年10月11日火曜日
  • 最終更新日時 : 2013年10月7日月曜日
  • この記事を評価