Avira バージョン 2012 : 不審なファイル、または誤検出の疑いの送信

AntiVir バージョン 9 デスクトップ製品を使用する場合に、不審なファイル、誤検出の疑い、またはヒューリスティック (HEUR) ウイルス警告を Avira に送信する方法を次に示します。
 

ヒント : 最初に AntiVir を更新して、最新の検出リストで対応済みの誤検出やマルウェアを送信しないようにすることをお勧めします。
 

1. AntiVir 隔離からの直接送信

検出警告を受信した場合は、検出ウィンドウでオプション [[隔離] に移動] を使用するか、または [管理]、[隔離] の順に選択して表示されるウィンドウで左から 5 番目のアイコン ([不審なファイルを [隔離] に追加]) を使用して、不審なファイルを [隔離] に送信します。
[管理]、[隔離] の順に選択して表示されるウィンドウで疑わしいファイルを選択して、下図のように左から 6 番目のアイコン ([選択したオブジェクトの送信]) をクリックします。
 

Avira Premium Security Suite - 隔離

フォームのすべてのフィールドに入力し、[OK] をクリックして、不審なファイルを送信します。
Avira Premium Security Suite - 不審なファイルのアップロード



2. Avira Web サイトから送信

弊社 Web サイトのフォームを使用して不審なファイルを送信できます。
http://analysis.avira.com/samples/index.php

弊社のウイルス ラボでファイルの分析が終了すると、結果が電子メールで通知されます。 当面は、Web サイトからの送信に対してのみフィードバックが行われます。

影響を受ける製品

  • Avira Free Antivirus [Windows]
  • Avira Antivirus Pro [Windows]
  • Avira Internet Security Suite [Windows]
  • Avira Ultimate Protection Suite [Windows]
  • 作成日 : 2009年3月11日水曜日
  • 最終更新日時 : 2017年11月20日月曜日
  • この記事を評価