AntiVir コントロール プログラムが AntiVir サービスに接続できません。

すべての権限があるにもかかわらず、AntiVir コントロール プログラムが AntiVir サービスに接続できません。 エラー メッセージは次のとおりです。

アクティブな AntiVir Windows Server サービスがこのコンピュータ上で見つからないか、または権限が不足しています。


コントロール プログラムとサービスとの間の通信は、名前付きパイプによって行われます。 これは、RPC メカニズムであるため、すべてのポート、共有、およびプロトコルが存在している必要があります。 接続できない場合は、さまざまな原因が考えられます。

 - コンピュータ名を確認してください。 コントロール プログラムをサーバー上でローカル実行している場合は、 フィールドにドット (.) を入力して、ローカル マシンを選択してください。
 - サーバー上のネットワークがアクティブであるかどうかを確認してください。 ネットワーク ケーブルが外れている場合には、名前付きパイプ接続も切断されます。 Microsoft サポート技術情報の記事 Q117270 を参照してください。
 - 共有 "IPC$" が存在するかどうかを確認してください。 この管理用共有を削除すると、RPC 通信ができなくなるため、名前付きパイプ接続を確立することができません。 この共有を確認するには、コマンド プロンプト (コンソール) を開き、コマンド 「net use \\servername\IPC$」を入力します。 このコマンドの実行に成功した場合は、IPC$ 共有がアクティブであり、動作しています。
 - サーバー上でインターネット接続ファイアウォールがアクティブになっている場合は、ポート 445 (RPC) が開かれており、アクティブであるかどうかを確認してください。

影響を受ける製品

  • Avira AntiVir Server, バージョン 10 [Windows]
  • 作成日 : 2007年3月14日水曜日
  • 最終更新日時 : 2011年3月25日金曜日
  • この記事を評価