PCの修理が必要ですか?
専門家に頼む
ウイルスTR/PSW.Magania.dfoc
発見日:30/05/2010
タイプトロイの木馬
感染報告有りはい
感染報告低~中
感染の可能性低~中
ダメージ・ポテンシャル低~中
スタティック・ファイルはい
ファイル・サイズ185.856 バイト
MD5 チェックサム4f9c69751b9d77229b5ddb2d1ea129b2
VDFファージョン:7.10.03.80
IVDFファージョン:7.10.07.196 - 2010年5月30日日曜日

 一般情報 感染方法
   • 自動実行機能


別名
   •  Bitdefender: Trojan.PWS.OnlineGames.KDKY
   •  Panda W32/Lineage.LLV
   •  Eset Win32/PSW.OnLineGames.OUM


プラットフォーム/OS:
   • Windows 2000
   • Windows XP
   • Windows 2003


副作用
   • セキュリティの設定を低くします。
   • 悪意ファイルをダウンロードします。
   • 悪意ファイルを作成します。
   • レジストリの改変。

 ファイル それ自体を以下の場所にコピーします。
   • %ドライバ% \313omdph.exe
   • %SYSDIR%\cyban.exe



最初に実行したコピーの方を削除します。



以下のファイルを消去します。
   • %SYSDIR%\cyban0.dll
   • %TEMPDIR%\ah1.rar
   • %TEMPDIR%\ah.exe



以下のファイルが作成されます:

%ドライバ% \autorun.inf これは以下の内容を含む、悪意のないテキスト・ファイルです:
   • %マルウェアを実行するコード%

%TEMPDIR%\ah1.rar
%TEMPDIR%\ah.exe
%SYSDIR%\cyban0.dll 詳しい調査の結果、このファイルもマルウェアであることが判明しました。 以下のように検出されました: TR/PSW.Magania.dfob

%SYSDIR%\ieban0.dll 詳しい調査の結果、このファイルもマルウェアであることが判明しました。 以下のように検出されました: TR/PSW.Magania.dfal

%SYSDIR%\ahnabc0.dll 詳しい調査の結果、このファイルもマルウェアであることが判明しました。 以下のように検出されました: TR/Crypt.ASPM.Gen

%SYSDIR%\ahnabc.exe 詳しい調査の結果、このファイルもマルウェアであることが判明しました。 以下のように検出されました: TR/Crypt.ASPM.Gen

%temporary internet files%\ah1[1].rar
%temporary internet files%\ah[1].rar
%SYSDIR%\ahnie0.dll 詳しい調査の結果、このファイルもマルウェアであることが判明しました。 以下のように検出されました: TR/Crypt.ASPM.Gen




ファイルをダウンロードしようとします:

– 場所は以下の通りです:
   • http://www.googlevmk.com/1hg/**********


– 場所は以下の通りです:
   • http://www.baiduwda.com/1hg/**********




以下のファイルを起動しようとします:

– 以下のファイルのうちのどれかを起動しようとします:
   • %SYSDIR%\regsvr32.exe /s %SYSDIR%\ieban0.dll


– 以下のファイルのうちのどれかを起動しようとします:
   • "%PROGRAM FILES%\Internet Explorer\IEXPLORE.EXE"


– 以下のファイルのうちのどれかを起動しようとします:
   • "%TEMPDIR%\ah.exe"


– 以下のファイルのうちのどれかを起動しようとします:
   • %SYSDIR%\regsvr32.exe /s %SYSDIR%\ahnie0.dll

 レジストリ 以下のレジストリ・キーは、再起動後にそのプロセスを実行するために追加されたものです:

– [HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run]
   • "ahncsos"="%SYSDIR%\ahnabc.exe"
   • "cybansos"="%SYSDIR%\cyban.exe"



以下のレジストリ・キーが追加されます:

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\{70F6E582-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\
   VersionIndependentProgID]
   • "@"="IEHlprObj.IEHlprObj"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\TypeLib\
   {70F6E522-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\1.0]
   • "@"="IEHelper 1.0 Type Library"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\Interface\
   {5DA743EB-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\ProxyStubClsid]
   • "@"="{00020424-0000-0000-C000-000000000046}"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\TypeLib\
   {5DA7432B-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\1.0\0\win32]
   • "@"="%SYSDIR%\ahnie0.dll"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\Interface\
   {5DA743EB-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}]
   • "@"="IIEHlprObj"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\Interface\
   {70F6E583-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\TypeLib]
   • "@"="{70F6E522-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}"
   • "Version"="1.0"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\Interface\
   {70F6E583-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\ProxyStubClsid32]
   • "@"="{00020424-0000-0000-C000-000000000046}"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\TypeLib\
   {70F6E522-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\1.0\HELPDIR]
   • "@"="%SYSDIR%\"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\{70F6E582-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\
   ProgID]
   • "@"="IEHlprObj.IEHlprObj.1"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\Interface\
   {70F6E583-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}]
   • "@"="IIEHlprObj"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\
   {5DA743EA-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}]
   • "@"="IEHlprObj Class"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\TypeLib\
   {5DA7432B-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\1.0\FLAGS]
   • "@"="0"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\Interface\
   {5DA743EB-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\ProxyStubClsid32]
   • "@"="{00020424-0000-0000-C000-000000000046}"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\IEHlprObj.IEHlprObj\CurVer]
   • "@"="IEHlprObj.IEHlprObj.1"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\{70F6E582-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\
   InprocServer32]
   • "@"="%SYSDIR%\ieban0.dll"
   • "ThreadingModel"="Apartment"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\IEHlprObj.IEHlprObj]
   • "@"="IEHlprObj Class"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\MNDOWN]
   • "urlinfo"="chhjmf.t"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\{5DA743EA-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\
   ProgID]
   • "@"="IEHlprObj.IEHlprObj.1"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\
   {70F6E582-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}]
   • "@"="IEHlprObj Class"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\IEHlprObj.IEHlprObj.1\CLSID]
   • "@"="{5DA743EA-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\IEHlprObj.IEHlprObj.1]
   • "@"="IEHlprObj Class"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\TypeLib\
   {70F6E522-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\1.0\0\win32]
   • "@"="%SYSDIR%\ieban0.dll"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\TypeLib\
   {5DA7432B-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\1.0]
   • "@"="IEHelper 1.0 Type Library"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\{5DA743EA-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\
   VersionIndependentProgID]
   • "@"="IEHlprObj.IEHlprObj"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\TypeLib\
   {70F6E522-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\1.0\FLAGS]
   • "@"="0"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\Interface\
   {70F6E583-8FF4-4082-829E-C172131DE31A}\ProxyStubClsid]
   • "@"="{00020424-0000-0000-C000-000000000046}"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\Interface\
   {5DA743EB-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\TypeLib]
   • "@"="{5DA7432B-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}"
   • "Version"="1.0"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\TypeLib\
   {5DA7432B-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\1.0\HELPDIR]
   • "@"="%SYSDIR%\"

– [HKLM\SOFTWARE\Classes\CLSID\{5DA743EA-6725-4ADE-BF17-C328743011FD}\
   InprocServer32]
   • "@"="%SYSDIR%\ahnie0.dll"
   • "ThreadingModel"="Apartment"



以下のレジストリ・キーは変更されます:

– [HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced]
   新しい値
   • "Hidden"=dword:0x00000002
   • "ShowSuperHidden"=dword:0x00000000

– [HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer]
   新しい値
   • "NoDriveTypeAutoRun"=dword:0x00000091

– [HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced\
   Folder\Hidden\SHOWALL]
   新しい値
   • "CheckedValue"=dword:0x00000000

 挿入(Injection) –  以下のファイルをプロセスに挿入させます: %SYSDIR%\cyban0.dll

    プロセス名:|以下のすべて:
   • explorer.exe



– プロセスにリモートスレッドとして挿入します。

    プロセス名:|以下のすべて:
   • iexplore.exe



–  以下のファイルをプロセスに挿入させます: %SYSDIR%\ahnabc0.dll

    プロセス名:|以下のすべて:
   • explorer.exe


 ファイルの詳細 ランタイム・パッカー
検出されにくくするため、またファイルのサイズを縮小するため、ランタイム・パッカーで圧縮してあります。

説明の挿入者 Petre Galan の 2010年7月30日金曜日
説明の更新者 Andrei Ivanes の 2010年8月3日火曜日

戻る . . . .
https:// このウィンドウは暗号化されています。