AntiVir Rescue System の使用方法

Rescue System を使用する前に、重要な個人データを外部のドライブにバックアップしてください。

AntiVir レスキュー CD を書き込んだ後、1 つ目の CD ドライブにその CD を挿入します。 再起動すると、コンピュータが CD から起動して、メニューが表示されます。

手順 1 :
AntiVir Rescue System を起動するには、「1」を入力して Enter キーを押します (または単に Enter キーを押します)。
再度ハード ドライブから起動する場合は、「2」を入力します。

AntiVir Rescue System - start menu

しばらくすると、AntiVir レスキュー CD のメイン ウィンドウが表示されます。

手順 2 :
[AntiVir] メニューで、[更新] をクリックして、最新の VDF (ウイルス定義ファイル) が読み込まれた状態にします。 ハード ドライブに最新の AntiVir をインストールしてある場合は、Rescue System によって既存の VDF の読み込みが試行されます。 インターネット接続が利用可能である場合は、[更新の開始] をクリックすると、VDF ファイルを更新できます。

Avira AntiVir Rescue CD - update

[AntiVir] メニューで、[設定] をクリックします。 [マルウェア検出時のアクション] で、[感染ファイルの修復試行] を選択して、オプション [削除できない場合はファイル名を変更] をアクティブにします。
また、感染していると報告されたファイルを直接削除しても問題ない場合には、オプション [感染ファイルを削除] を使用することもできます。

Avira AntiVir Rescue CD - scanner settings

手順 3 :
[AntiVir] メニューで、[ウイルス スキャナ] をクリックします。 [スキャナ開始] をクリックすると、コンピュータの利用可能なすべてのドライブでマルウェアがスキャンされます。

スキャン対象ファイルの数および合計サイズによっては、スキャン処理に時間がかかることがあります。 検出された感染ファイル、およびそれらのファイルの修復が成功したかどうかについての状況メッセージが表示されます。

AntiVir Rescue System - scanner

手順 4 :
状況が [スキャナ開始] から [スキャン終了] に変化するまで待機します。 [情報]、[ログ ファイル] の順にメニューをクリックして、スキャン レポートを表示します。

AntiVir Rescue System - logfile

手順 5 :
[その他] メニューの [シャットダウン] をクリックして、AntiVir Rescue System を終了します。 コンピュータの電源が切れます。

AntiVir Rescue System - shutdown

しばらくしてから、コンピュータを起動して、CD ドライブから AntiVir レスキュー CD を取り出すことができます。 標準モードでコンピュータを起動します。 感染ファイルの名前を変更しただけ (virusfile.exe.xxx など) の場合は、AntiVir でシステムの完全スキャンを実行して、それらのファイルを [隔離] に移動します。

これで、クリーニング処理が完了しました。

影響を受ける製品

  • Avira Rescue System [Not relevant]
  • 作成日 : 2008年2月13日水曜日
  • 最終更新日時 : 2016年7月14日木曜日
  • この記事を評価