AV10 SP2 の新機能

高度なプロセス保護

AntiVir の自己セキュリティを向上させるため、高度なプロセス保護が既定で有効になっています。

Avira AntiVir Professional - 一般 - セキュリティ

注意
SP2 に更新したときに、プロセス保護が未設定であるか、 [一般] → [セキュリティ] ダイアログが少なくとも 1 回開かれている場合、機能が向上したプロセス保護が既定で有効になります。

Updater.exe 署名

AntiVir アップデータに正しい VeriSign 署名が含まれるようになりました。

AntiVir アップデータ - 詳細 - VeriSign 署名

新しいファイアウォール シグネチャ

新しい信頼済みのベンダがファイアウォールのデータベースに追加されました。 

  • AVM Computersysteme Vertriebs GmbH
  • Opera Software ASA
  • Apple Inc.
  • DigitalPersona, Inc.
  • Hewlett-Packard Co.
  • Rare Ideas, LLC
  • TeamViewer GmbH
  • Oracle Corporation
Avira AntiVir Professional - ファイアウォール - 信頼済みベンダ

システム復元

既定では、インストール中、システムの復元ポイントは設定されなくなりました。

WebGuard

WebGuard 機能を含むすべての製品において、新しい WebGuard ブロック ページが統合され、見やすいだけでなく、わかりやすくなりました。

Avira AntiVir Professional - WebGuard - 警告

影響を受ける製品

  • Avira AntiVir Premium, バージョン 10 [Windows]
  • Avira AntiVir Professional, バージョン 10 [Windows]
  • Avira Premium Security Suite, バージョン 10 [Windows]
  • 作成日 : 2011年6月1日水曜日
  • 最終更新日時 : 2012年5月29日火曜日
  • この記事を評価