再起動が要求される場合の動作設定を教えてください。

AntiVir 9 の設定では、[全般]、[更新] の順に移動すると次のオプションがあります。
製品の更新プログラムを自動的にダウンロードおよびインストールする (推奨)

製品の更新後は、システムの自動再起動が必要になる場合があります。 最適なウイルス対策のために、このオプションを有効にすることをお勧めします。 一部の製品では、更新後に AntiVir サービスまたはシステム全体を再起動する必要があります。 再起動が完了してはじめて完全なセキュリティが確保されます。

自動再起動を選択していない場合は、手動で再起動しない限りオンアクセス スキャナ (AV Guard) などの製品機能を利用できません。

自動的に再起動したくない場合は、設定でこのオプションを変更できます。 この場合、次のオプションを無効にします。

  • 製品の更新プログラムが利用可能になったらユーザーに通知
    次の期間経過後に再度通知
  • 製品の更新プログラムをダウンロードしない

新しい Avira AntiVir Professional バージョン 10 では、[設定]、[更新]、[製品の更新] の順に移動すると、以下の新しいオプションがあります。
製品の更新プログラムをダウンロードする。 再起動が必要な場合は、システムの起動後に更新プログラムをインストールします。再起動する必要がない場合は、すぐに更新プログラムをインストールします。

この新しいオプションを選択すると、製品の更新はシステムにダウンロードされますが、再起動が必要な場合は、その更新が後でインストールされます。 この場合、AntiVir を完全に機能したままで、システムは保護されています。
通常の更新 (VDF またはエンジンの更新) では、プログラムのコンポーネントは変更されないため、再起動は不要です。

影響を受ける製品

  • Avira AntiVir Premium, バージョン 10 [Windows]
  • Avira AntiVir Professional, バージョン 10 [Windows]
  • Avira AntiVir Personal - Free Antivirus, バージョン 10 [Windows]
  • Avira AntiVir Server, バージョン 10 [Windows]
  • Avira Premium Security Suite, バージョン 10 [Windows]
  • 作成日 : 2010年3月24日水曜日
  • 最終更新日時 : 2011年10月11日火曜日
  • この記事を評価