ハード ドライブのシステム スキャン中に負荷を軽減する方法

"スキャンシステム"の使用時にハードドライブの負荷を軽減するために、メインメニューで [エクストラ] > [設定]を選択してスキャナの設定に進みます。

次に、エキスパート モードを有効にして、カテゴリ "PC 保護" のメニュー項目 "System Scanner" を選択します。

右側のヘッダー "スキャン プロセス" の下で、"スキャナの優先度" を "低" に設定します (スクリーンショットを参照してください)。

PC の保護 > System Scanner > スキャン

システム スキャナは、他のプロセスが計算時間を必要としない場合、オペレーティング システムからのみプロセッサ時間が割り当てられます。つまり、システム スキャナが実行している唯一のアプリケーションである場合に限り、速度が最大に設定されます。
全体的には、他のアプリケーションとの連携に役立ちます。他のプログラムが計算時間を必要とする場合、コンピュータはより迅速に応答し、システム スキャナはバックグラウンドで実行を継続します。

さらにバージョン 2012 では、ファイルのアクセスを事前に設定済みの間隔に制限することにより、ハード ドライブの負荷が最小化されています。これにより、システム スキャンが "低" に設定されている場合に、システム スキャン中に作業が妨げられることはありません。

影響を受ける製品

  • Avira Professional Security, バージョン 2013 [Windows]
  • Avira Free Antivirus [Windows]
  • Avira Antivirus Premium 2013 [Windows]
  • Avira Internet Security 2013 [Windows]
  • 作成日 : 2011年9月29日木曜日
  • 最終更新日時 : 2013年6月13日木曜日
  • この記事を評価