Avira Mail Protection による SSL 接続のブロック

SSL セキュア接続を介して受信する電子メールが標準ポートで構成されている場合、Avira はセキュリティ上の理由からそれらの電子メールをブロックします。

この状況は、電子メール クライアントで、たとえば "SSL, whenever possible" オプションがアクティブ化されており、かつ SSL が標準ポートを使用するように設定されている場合に生じます。

このような場合、次のエラー メッセージが表示されます。"SSL-connection detected. Incoming mails are blocked."

通常、電子メールが暗号化された接続で送受信されると、Avira Mail Protection バージョン 10 はそれらの電子メールをスキャンできません。しかし、標準ポートが設定されている場合、AntiVir はスキャンを実行し、上記のエラー メッセージを表示します。

電子メールのトラフィックが再度適切に動作するようにするには、電子メール クライアントの設定を確認し、正しく構成する必要があります。電子メール プログラムは多種多様で、その構成方法も異なるので、以下の一般的な規則に従ってください。

  • 受信および送信サーバーで、暗号化された SSL/TLS 接続を使用するオプションを非アクティブ化します。
  • SSL/TLS 接続にポート 25 (SMTP) および 110 (POP3) を使用していないことを確認します。

通常、SSL または TLS 接続を介して電子メールを受信する必要がある場合は、製品のインストール構成を変更し、Avira Mail Protection を非アクティブ化します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定]、[コントロール パネル]、[プログラムの追加と削除] (または [プログラムと機能])、[Avira AntiVir Desktop] の順にクリックします。
  2. [変更]、[変更]、[次へ] の順にクリックします。
  3. Avira Mail Protection のチェック ボックスをオフにし、何度か [次へ] をクリックしてから、[終了] をクリックします。

注: この操作により、電子メールをスキャンする Avira モジュールの Avira Mail Protection が完全に削除され、使用されなくなります。つまり、電子メール クライアントに到着する前に、電子メールのスキャンは行われなくなります。

影響を受ける製品

  • Avira Professional Security [Windows]
  • Avira Antivirus Premium 2013 [Windows]
  • Avira Internet Security 2013 [Windows]
  • 作成日 : 2011年1月11日火曜日
  • 最終更新日時 : 2015年8月24日月曜日
  • この記事を評価