Dazuko とは何ですか。

Dazuko (DAteiZUgriffsKOntrolle、ドイツ語で "ファイル アクセス制御" の意味) は、Linux 上でファイル システムとオンアクセス ウイルス スキャナとの間のインターフェイスを提供します。 これにより、ファイルへのアクセス時にファイルを直接スキャンすることができます。

ファイルへのアクセスが試行されるたびに、アクセス タイプ、プロセス ID、ユーザー ID などのファイル情報がまずスキャナ アプリケーションに送信されて、チェックされます。 そのため、ファイルに対する要求はまず Dazuko によってユーザー空間のプログラム (スキャナ アプリケーション) に送信され、そのプログラムでアクセスが許可されて初めて他のアプリケーションによるアクセスが許可されます。

Dazuko および Dazukofs はカーネル モジュールであり、当初は (以前の) H+BEDV 社によって開発されました。その後、Avira からリリースされ、現在では独立したオープン ソース プロジェクトとして開発されており、独自のコミュニティが開発を担当しています。

Avira では、Server および Workstation 製品の一部である自社製品コンポーネント AVGuard のみを開発しています。 Dazuko に関する設計関連の要望、エラー、提案事項などの、その他すべての問題については、Dazuko メーリング リスト (英語) などから担当のコミュニティにお問い合わせください。

Avira では、Sun Solaris SPARC 用に完全にコンパイルされた商用バージョンのソフトウェアも提供しています。

詳細については、Dazuko の Web サイト (英語) を参照してください。

影響を受ける製品

  • Avira AntiVir Professional, バージョン 10 [Linux]
  • Avira AntiVir Professional, バージョン 10 [Solaris]
  • Avira AntiVir Personal - Free Antivirus, バージョン 10 [Linux]
  • Avira AntiVir Personal - Free Antivirus, バージョン 10 [Solaris]
  • Avira AntiVir Server, バージョン 10 [Linux]
  • Avira AntiVir Server, バージョン 10 [Solaris]
  • 作成日 : 2009年4月14日火曜日
  • 最終更新日時 : 2011年4月7日木曜日
  • この記事を評価