Avira バージョン 2012 : Avira Web Protection による Web サイトへのアクセスのブロック

Avira Web Protection では、フィッシング、マルウェア、スパム、または詐欺と分類される危険な Web コンテンツから保護されます。 ただし、ブロックされた Web サイトのコンテンツが無害であると 100% 確信があり、そのサイトにアクセスする必要がある場合は、次のいずれかの方法で例外を設定する必要があります。

a. Web フィルタの完全な非アクティブ化、または一部のカテゴリのみの非アクティブ化

  1. デスクトップで、傘のマークが付いている Avira のアイコンをダブルクリックして、Avira を起動します。
  2. [設定] をクリックします。
  3. オプション [エキスパート モード] をアクティブにします。
  4. Internet protection - Web Protection - Scan - Exceptions の順にクリックします。
  5. Web フィルタの特定のカテゴリを非アクティブ化します。
    Web フィルタで、検出もブロックも行わない特定のカテゴリを非アクティブ化します。 [OK] をクリックして、設定を保存します。 または、 Web フィルタを完全に非アクティブ化します。
    Web フィルタを完全に無効にする場合は、オプション [Web フィルタを有効にする] を非アクティブ化します。 これにより、Web Protection によって危険な Web コンテンツについての警告が表示されなくなります。 ただし、危険なファイルのダウンロードは引き続き報告およびブロックされます。

     

    Web Protection configuration - Scan - Exceptions

b. 特定の Web サイトに対する例外の作成

  1. デスクトップで、傘のマークが付いている Avira のアイコンをダブルクリックして、Avira を起動します。
  2. [その他]、[設定] の順にクリックします。
  3. オプション [エキスパート モード] をアクティブにします。
  4. [Web Protection]、[スキャン]、[例外] の順にクリックします。
  5. Internet protection - Web Protection Scan - Blocked requests

    [OK] をクリックして、設定を保存します。
    指定されたサイトのみが Web Protection のスキャンから除外されます。 ただし、危険なファイルのダウンロードは引き続き報告およびブロックされます。

    Web Protection  - Scan - Blocked requests

Avira Interent Security では、Avira Web Protection における 4 つのカテゴリ以外に、ペアレンタル コントロール機能が用意されています。これは、ユーザーやユーザーの子供をさまざまなインターネット サイトから保護するための機能です。

このモジュールをアクティブにすると (既定ではアクティブになっていません)、特定の Web サイトにアクセスできなくなります。このような場合には、ペアレンタル コントロールを非アクティブにするか (以下のスクリーンショットを参照)、または例外を追加してください (ホワイトリスト = 許可)。詳細については、FAQ の記事「Avira Interent Security における新しいペアレンタル コントロール機能のしくみについて教えてください。」を参照してください。

Web Protection - Child Protection

c. Web Protection の非アクティブ化

  1. デスクトップで、傘のマークが付いている Avira のアイコンをダブルクリックして、Avira を起動します。
  2. [オンライン保護] の横にある + 記号をクリックします。
  3. Avira Web Protection に対して [非アクティブ化] をクリックします。

     

    Overview Status

この設定を行うと、アクセスした Web サイトは Web Protection によってスキャンされなくなります。 危険なファイルのダウンロードも報告またはブロックされなくなります。 手動でアクティブ化するか、またはコンピュータを再起動するまでは、Web Protection による保護は無効のままになります

d. Web Protection のアンインストール

Web Protection を使用しない場合には、このモジュールをアンインストールできます。 [コントロール パネル]、[プログラムの追加と削除] (または [プログラムと機能]) の順に選択し、Avira ソフトウェアを選択して、[変更] をクリックします。 [プログラムの変更] で Web Protection の選択を解除し、最後まで [次へ] をクリックして、最後に [終了] をクリックします。 これで、Avira ソフトウェアから Web Protection が完全に削除されます。

影響を受ける製品

  • Avira Professional Security [Windows]
  • Avira Antivirus Premium 2013 [Windows]
  • Avira Internet Security 2013 [Windows]
  • 作成日 : 2008年10月29日水曜日
  • 最終更新日時 : 2014年10月6日月曜日
  • この記事を評価